スピードボートで行く シミラン島一日観光

 


毎年11月から3月までの、乾季の間に催行される、シミラン島ツアー。
その澄んだ海の美しさは、ピピ島を上回るといわれています。

催行期間は例年、11月〜4月頃です。


 
 


シミラン群島は9つの島が集まっていて数多くのシュノーケリングポイントを持つ美しい自然を残した島群です。
11月から4月までしか開放されておらず残りの半年は地元タイ人も旅行することが出来ない憧れの島。
プーケットからパンガーの船乗場まで約1時間半、そこからシミラン群島までスピードボートで約1時間半。
そこにある自然、目に映る光景は決して他と比較出来るものではありませんでした。

プーケットエリアの朝のお迎えは6時から6時半くらいになります。
そこからパンガーにあるボート乗場を目指します。
乗場にある船会社のOFFICEで 参加者を待合い、ここでタオルやフィンの貸し出しがあります(無料)。
ここではパンやコーヒーなどの軽食も無料です。

ガイドさんからこの日のツアーの説明がありスピードボートに乗ります。
ここでパンフレットを貰い良く見て比べてください。行く島の順番。行く島の番号は、前後する事があります。
この日は晴天で実に良い天気でしたが島の順番が変わっていました。これは海や空の
コンディションを考えて設定されているのでどこでも綺麗な状態で楽しむことが出来るように
考慮されているのです。

この日最初に訪れたのは第7の島、パーユー島でした。ボートで約80分、遠くにある群島が少しずつ
近づいてきた時、幸運にも野生のイルカを見ることが出来ました。
そんなハプニングもありつつ辿り着いた最初のシュノーケリングスポット、PAYU。
透明度の高い海面の下には沢山の魚が泳いでいます。岩の近くや珊瑚礁を探してみてください。
必ず絶景があります。時間もたっぷりあるのでボートでジュースやフルーツ、クッキーなどを貰って
ゆっくり自然を眺めたり、二度目の海に飛び込んだり、、。

次に訪れる島は第4の島、群島の中ではシミランの次に大きな島ミアングで昼食、
ビーチでのリラックス、各々の楽しみがあります。11時半からみんなで食事。木造りの椅子とテーブルをみんなで
囲んでの食事です。料理はツアー会社スタッフの手作り料理。
この日は魚を揚げたプラートート、鳥のから揚げ、野菜炒め、シーフードスープ、フルーツでした。
家庭的な味で凄くおいしかったです。ご飯もおかずもおかわりはスタッフが持ってきてくれます。
目の前にはビーチがあり近くにもすぐシャワーとトイレがあります。ここでもたっぷり自由時間があります。



このツアー初のビーチの感触、前にも一度表現したことがあるパウダーの様な砂。もう、本当なんですね、
キックしたらサラサラーって飛んでいきます。パウダーの様なではなく僕はパウダーだと思いました。
歩くと吸い付かれるような、足が地に着く感触が最高です。
そしてクリアーな海の色。ビーチの端から端まで歩いて10分くらいの小さなビーチですので充分
ウロチョロできます。木に吊るされた手作りブランコなどもあり小さな子供さんも楽しんでいました。
時間も過ぎ、みんなが集まったら次の島へ移動です。

第9の島、バンウー島。最後のシミランでもシュノーケリング出来ますがシミランは
上陸するので深い海を楽しむならこのバンウーが最後。思い切り楽しみましょう。
もうマスクやジャケット、フィンは個人のお好きなように、ただただ飛び込んで泳ぐだけも良し、自由に遊びます。
ただ浅瀬かどうか確認しないと、珊瑚で怪我をしないように注意。名前は分りませんが大きな魚、
小さな魚の群れが沢山いました。時間も45分から1時間ほどたっぷりあるので充分に遊ぶことが出来ます。
ツアースタッフも遊んでますので一緒に遊ぶのも良し。

時間が午後2時を回ると最後の島シミランを目指します。この第8の島はある意味メインでもありますので
手抜きせずに遊びましょう。ここでは楽しみ方がいくつかあります。ここシミランのビーチか
ら見て右手側にあるシミランのシンボルでもある岩。
一枚岩の様にも見えますが何枚もが奇怪な積まれ方をしてるようにも見えます。
実はこの岩、上の方まで登る事が出来るんですね。
カメラを持っていれば必ず持参しましょう。ただてっ辺までの道程は少し険しいです。所要時間は約10分。
ちゃんと手作りの梯子、ロープで道が作られているのですが、良いトレッキングでした。
その約10分の道程をてっ辺まで登ると、絶景が広がります。



またビーチまで降りて泳いだり、岩の近くでシュノーケリング、ビーチでのリラックスなど思い思いの
シミラン島を楽しんでください。トイレとシャワーも無料で使えます。
白く細かい砂、透き通った海、沢山の海の生き物、そこで楽しむ人々を見ると、朝早起きして良かった、
長い道のりをかけて来て良かった、生きてて良かったと思えます。

肌も日焼けしてちょっと疲れた頃,ガイドの合図でみんな集まりボートに乗り、シミラン群島を出発し、
パンガーを目指しました。帰る途中、タイ人旅行者の方一人が「バイバイシミラーン!」と
叫んでいました。やっぱりみんなの憧れの島なんだと思いました。
半年と限られた期間しか解禁されないこの島がずっと憧れの島であるようにと願います。

このシミラン群島一日ツアーの詳細は下記に記しますが訪れる島や順番がその時期の天候、海、
島のコンディションにより変わることがあります。




〜 シミラン島一日観光 プログラム〜


6:00−30 ホテルへのお迎え
8:00    船会社オフィスにて待合(お茶やコーヒー有)
8:30    ボート乗場を出発、シミラン群島を目指します。
10:00   バンウー島(第9)でのシュノーケリング
11:30   シミラン島(第8)でのランチタイム、ビーチ
        でのリラックス、シュノーケリングなど
13:00   ミアング島(第4)でのシュノーケリング
14:00   パーユー島(第7)でのシュノーケリング
15:00   島を出発、パンガーのボート乗場を目指します。
16:30   船着場に到着、各ホテルへの送迎


料金: 大人 2700バーツ 子供 1800バーツ
料金に含まれるもの:ホテルまでの送迎、ランチ、ソフトドリンク、
シュノーケル用具(マスク、シュノーケル、フィン/フィンは希望者
のみなので借りる事をお勧めします。)、タオルの貸し出し、保険、
英語ガイド、国立公園入場料。

持って行くとよい物:カメラ、タオル、サングラス、日焼け止めローション、帽子など、、


★ご注意★
スピードボート利用のツアーは、波が高い場合は、必ず後部座席に
お座りください。脊椎や腰等に疾患がある方、妊娠中の方、
高齢の方には、お勧めいたしません。


・シュノーケリングマスクは、度付きのものはありません。またお子様用も
数に限りがありますため、お子様用はご持参されることをお勧めいたします。



お問い合わせ、ご予約は


お申し込みフォーム 
http://www.blueisland-phuket.com/frm_mail.php


メールでのお問い合わせ hkt@thailand-travelgateway.com

お電話、店頭でのお申し込みは下記営業時間内にお願いいたします。

=プーケットタウンオフィス=
営業時間:月ー土 09:00−18:00
電話 076−254687、076−255056 




      





トップページにもどる  

基本情報 プーケット語 歳時記 観光名所
島内交通 オプショナルツアー レジャー お勧めホテル
レストラン ショッピング 長期滞在 ゴルフ
ダイビング ナイトライフ クーポン券 習い事
リンク集 BBS 地図 グルメの細道
ピピ島情報 スケジュール提案

2001ー Phuket Web Magazine All Right Reserved 無断転載禁止