本文へジャンプ
プーケットで習い事
相互リンク


プーケット基本情報

 プーケットという島

タイ南部に位置する、国内では最も大きい島のひとつ。リゾート地として、世界中から、沢山の観光客が
訪れています。最初はヨーロピアンのほうから人気が広まりましたが、現在はアジアからも、沢山の人
がやってきます。(最近の観光客国別トップは中国・台湾だそうです)

人口は約2万5千人。主な産業は観光業といわれていますが、古くは錫の採掘や、ゴムの木栽培と
ゴム加工、パイナップル等農園、セラミック工場などがあげられます。

タイ国だから、タイ人ばかりかと思いきや、中国系2世、3世という、中国からの移民が多く根付いてい
ます。なので、国籍はタイ人であっても、先祖が華僑という人がほとんどを占め、島民の60%にも昇る
ということ。その他、マレーシアなどに隣接しているため、イスラム系が30%ほどと言われています。

宗教は、60%が仏教徒、その他はイスラム教が30%、キリスト教、シーク教はごく少数派。
実は、イスラムと華僑は、内面的にはそんなに仲が良くない様子で、やはりその血筋ごとに固まっているよう。

という訳で、プーケットを理解するには、タイについて書かれた書物もですが、中国の書物も参考にし
なくてはならないという、とっても面倒な土地柄です。言葉の面でも、福建語が飛び交っていますし、
中国の伝統がプーケットのお祭りの中に生きていたりしますし、習慣、宗教、食文化にも反映されています。




 ビーチについて 
プーケットには、島の西海岸側のビーチの開発が盛んです。地図を見てもらうとわかるのですが、
観光客向けに開発されている、バンタオ、パトン、カロン、カタビーチなどは、全て西海岸側にあり
ます。これには、風や波や地形が関係していることも然ることながら、地元民の間では面白いいい
伝えがあります。プーケット島を、龍の形に例えて、プロムテープ岬を頭にして、マイカオビーチを
尻尾と見ます。背中にあたるビーチはよく栄えるのですが、尾っぽやお腹の部分は開発に適さない
などと言われています。嘘か誠か・・・?ビーチのない東海岸側には、何があるかと言えば、港や
漁業、養殖場などが集まっています。


 各ビーチの特長 
代表的なビーチのひと口解説です。北のほうから順番に。

★マイカオビーチ  
プーケット国際空港を北に向かった西海岸側が、マイカオビーチ。隣のパンガー県に渡る、県境
の「サラシン橋」まで続いています。自然が残った静かなビーチで、毎年2-4月頃、海亀が産卵
に来ることでも有名。ほとんど観光客には馴染みがなかったが、2001年にオープンしたJW
マリオットホテルのお陰で、現在は注目されている。

★ナイヤンビーチ
ナイヤンビーチも自然がある、静かなビーチ。ナイヤン国立公園があることで有名。パトンや
カロンのような派手さはないけれど、のんびりしていながらも、それなりにアクティビティー。
インディゴパールなどのホテルがある。ホテル周りは海と、田園風景が楽しめる。

★ナイトンビーチ
こちらは最近の注目株。山の多いところですが、オシャレなホテルがあります。
ハネムーナー、カップルの滞在などにお勧め。

★ラヤンビーチ
プーケットらしからぬ、穏やかな風景が楽しめるビーチ。
ビーチや小さな島、山という、自然が揃っている。お気に入りの風景をもつビーチのひとつ。

★バンタオビーチ
ご存知、ラグーナプーケットがあるバンタオビーチ。ラグーナ以外にもいくつかのホテルがビー
チ沿いに並ぶ。ホテル開発が進んでいるので、ビーチは人口の砂で埋められるなどされている。
自然の景観を楽しむ・・・という雰囲気ではないが、ビーチリゾートを意識した造りをされている
ので、南国ムードは楽しめる。(でも、物売りがちょっと多い)

★スリン&パンシービーチ
こちらは高級ホテル「アマンプリ」「CHEDI」があるビーチ。観光客の姿は少なく、アジア系は
ほとんどなく、ヨーロピアンの姿が時々見られる程度。ビーチは田舎ののんびりした雰囲気。
カマラからスリンへ下る道からは、ビーチの絶景が見られます。

★カマラビーチ
カマラからナカレイビーチにかけては、高級コンドミニアムがたくさん建設されています。パトン
にも近くて便利だけど、滞在するなら、海辺の静かな場所・・・なんて考えている人にはいいか
もしれません。ホテルもいくつか建設され、最近はレストランやバー、お土産屋も増えています。

★ナカレイビーチ
実質的には、タボーンビーチビレッジのプライベートビーチのようになっています。モンスーン
の影響も少ないし、対岸にはパトンビーチが一望できる。

★カリムビーチ
ダイヤモンドクリフやノボテルプーケットの目の前のビーチ。レストラン「バーンリンパ」もこの
ビーチにある。ビーチというには、岩が多いので、遊泳は不可。潮干狩りしてる地元の人を見る。

★パトンビーチ
プーケットで最も栄えている場所。世界に名だたる歓楽街。夜になると、ディスコ、ゴーゴー、
ライブハウス、オープンバーなどで賑わう。奥の深い世界があるので、覗いてみてほしいけど、
ボッタクリなども多いので気をつけてね。多国籍レストランが集まることでも知られています。
ジェットスキー、パラセイリング健在。

★トリトランビーチ
だーれも知らなかったこの小さなビーチが、メルリンビーチができたことで、日の目を浴びまし
た。いまや高級ホテルがいくつか建っているエリア。パトンまで近いので便利。

★カロンノイビーチ
こちらのビーチも、メリディアンプーケットというホテルのプライベートビーチ化している。正しい、
南国のビーチという雰囲気。ホテルをバックにしているせいもあるけど、なんとなく洗練されてい
る。外部からの人はほとんど来ない。

★カロンビーチ
ビーチの長さがとっても長くて見晴らしがいい。雨季には波が高くなるので、サーファーがよく
訪れる。パトンほど派手じゃないけど、結構開けているし、ホテルも多い。欧米人や家族連れの
姿が多いように思われる。ちょっとした買い物や食事にも便利な場所。

★カタビーチ
正しくは「カタヤイ」と「カタノイ」に分かれている。こちらもカロンと続いているため、似た雰囲気。
ビーチの目の前にはカタタニやカタビーチリゾートなどがある。小さいホテルやバンガロー、ゲスト
ハウスも多い。西洋人が多いため、ローシーズンになると人が少ない。

★ナイハーンビーチ
こちらも西洋人人口が多い。別名「トップレスビーチ」なんて名前もあったりする。ヨットクラブが
このビーチのオイシイロケーションを持っているが、湾の反対側は、結構外部の人も泳ぎに来ている。
静かでのどか。

★ラワイビーチ
ボートや漁船の停泊所になっているため、遊泳には適していませんが、このビーチ沿いにはレス
トランや、屋台が連なっているので、海を眺めながらの食事はオススメ。エバソンができたことで、
日本人観光客も増えたように思います。


上記以外のビーチ情報は、「観光名所のページ」にもあります。





 気候
季節は、厳密にいうと、乾季(11−3月)・暑季(4−6月)・雨季(7−10月)に分かれています。
ベストシーズンは乾季。雨季はローシーズンと呼ばれ、ヨーロピアンなどの観光客が激減しま
す。ただ、ホテル代などが安くなるため、アジアからの観光客は多いようです。



 治安
治安は、さほど悪いとは思いませんが、やはり寂しい夜道などは、怖いです。ツーリストポリス
に伺ったところ、日本人が関係した主な事件として、強盗、スリ、トランプ賭博詐欺、レイプ、麻薬
売買に巻き込まれるなどの被害があるということ。やはり用心に越した事はありません。開放的
な気分になり、知らない人に、フラフラ付いていくのはいいですが節度はキープしてくださいね。



 交通事情
ハッキリ言って、怖すぎです。交通ルールを守る人はおらず、欲望のままに運転しており
ますので、レンタカーやバイクを借りて運転する場合は、まず近場で学習してからお願いします。
そうでないと、「欲望のまま」という島の交通ルール違反で事故ります(笑)。
やはり怖いのはバイク。狭い島だというのに、事故は日常茶飯事。バイクは保険が利きませんの
で、何かあった場合は補償金など、多額に請求されるケースもありなので要注意。



 飲み水
あるガイドブックに、「タイでは水道水は飲めません。ミネラルウォーターを飲みましょう。水道水
は、地元では飲んでいる人もいますが・・」とありましたが、私の知ってるプーケットの人の中で、
水道水を飲んでる人はいません。タイのどこかでは飲んでる人いるんでしょうか?? 
・・・という訳で、水道水は絶対飲まないでください。



 両替
両替で一番安心できるのは「銀行」です。なにしろ両替レートが表に出ていて、明瞭会計(?)。
本当にレートがいいのは町の両替屋ですが、ここは怪しい雰囲気で非常に入りづらい。
銀行でレートチェックして、それよりレートが良ければ、町の両替屋をご利用ください。
現在プーケット空港の両替所は、24時間営業しているということです。



 服装

南国ですので、ラフな格好でOKです。ドレスコードがあるという場所は極稀ですが、パッカーくず
れの、あまり汚い格好も嫌われます(笑)。空港、レストランやショー会場、船内など思いがけず
冷房が強い場所もあります。また日焼け防止のためにも、上着を一枚持参をお勧め!
プーケットの寺院では、サンダル履きや、短パンなどでも、あまりうるさくはありません。



 値切り
「タイでは何でも値段のないものは、値切れ!」と謳っているHPなどがありますが、全部が全部
じゃないですよ。屋台で値切ってる人とかいますが・・・。値切るには、元の値段をデパートなど、
値札がついているところで下調べしてからするように。そうでないと、とっても嫌われます。
たまに2バーツ3バーツ値切っている人とかみると、悲しい気持ちになります。
売り子のおばちゃんは、海外旅行なんていけないんだから、そんなに値切らなくても・・・
と心痛む場面も。なので、値切りは楽しく、笑顔で、引き際も忘れずに。
ビーチ沿いや値札のついていないものは、値切ってOKです。




 禁煙ブーム
愛煙家の多い日本人の方には、悲報ですが、タイでは、国をあげて「禁煙」を呼びかけています。
各種乗り物内は禁煙。ホテルでは基本が「禁煙」で、灰皿はありません。
レストランでも、室内はオール禁煙です。喫煙は2000バーツの罰金対象に。
どうしてもタバコ〜!という方は、オープンエアーのレストラにどうぞ。
また、タイの男性は、喫煙をする女性を嫌うようです。女性はタバコを吸わないもの・・・という観念
があるみたいですね。



 タブー
信心深い仏教徒なので、寺院などでは靴を脱ぐ、女性は修行僧に触れないように気をつけるこ
と。また、国王の悪口や冗談などは、絶対言わないように。(外人でも逮捕されちゃいます)。
よく「子供の頭をなでてはいけない」と書かれていますが、なでる人も時々いるようです。
その他、足で人を差したり、人をまたいではいけません。
目上の人よりご飯を先に食べたりもあまりよくないようです。
ドラッグには絶対手を出さないように。とても厳しく、終身刑になることもあります。




 最後に

外国に遊びに行く、または滞在するというのは、その国に少しの間オジャマするということです
よね?人の家に遊びに行った時は、その家主に遠慮しつつ、くつろがせてもらうじゃないです
か?それと同じです。お邪魔させてもらう国の習慣、文化、タブーなどは最低限学習していき、
そそうのないようにしましょう。南国で開放的な気分になり、お酒も入ってのことはと言え、
その国や、国の人を侮辱した言動は慎むよう、切にお願いします。いまだにタイ人は
日本人より貧乏と思っている人もいるようですが、プーケットはかなり豊かな人の多い県です。





  
BLUE ISLAND CO.,LTD
399/24-25 2nd Floor Yawarat RD Muang Phuket 83000
TEL: 076-254687/076-255056 FAX: 076-356134
E-Mail :
hkt@thailand-travelgateway.com


C2000-Phuket Mail Magazine all rights reserved.  無断転載禁止
Mail to SAKURAKO :    info@phuketwebmagazine.com

HPとメルマガの転載希望、リンクはご一報ください。