プーケットの北にあるパンガー県へ。ラフティング5km、象乗り、ATVが楽しめます。
こちらのラフティングツアー、象乗り場とATVの場所が、大自然でとてもダイナミックです。

各ホテルのピックアップ後に最初に向かうのは「スクナクハ寺院」
となります。寺院のあるパンガーまでは、車で、約1時間となります。

【スワナクハ寺院、モンキーケイブ】 


 


断崖絶壁の岩山の麓には、たくさんのサル達がいます。
バナナなどのサルにあげる、餌を売っているお店や、コーヒー、
アイスクリーム等売っている、小さな屋台がいくつかあります。

奥に進んで行くと断崖絶壁の、岩山の下部に洞窟があります。
そこがスワナクハ寺院となります。
こちらの寺院を見学するのに、20バーツかかります。
洞窟の中には、金色に輝く寝そべっている涅槃仏がいます。
ここでの時間は20−30分となります。

【ラフティング5km】

  

スクナクハ寺院より、さらに30分程車を走らせた、
自然の広がる中にこちらのツアーキャンプがあります。
キャンプに到着すると、ロッカーを案内されすぐに、
ラフティングの準備に掛かります。
ライフジャケット、ヘルメット、パドルを渡されます。
装備を完了すると、陸にてラフティングの説明があります。
キャンプの目の前に川があり、そこがスタート地点となります。


 

4人1組、パドラー2名の計6人でボートは出発します。
川の流れは、速かったり、緩かったりと場所により、緩急が
あります。コース取りは、パドラーの2名が行なってくれます。
流れが速く、急になった場所では衝撃もあり、
吹き飛ばされそうになるのでパドルを置き
ボートには掴まるところがあるので、しっかりと掴まります。

緩やかな場所に差し掛かると多くのボートの休憩ゾーンとなるのですが、皆、パドルを使って、他のボートとの
水の掛け合いが始まり、休む暇なく、パンガーラフティングを楽しみます。

岩と岩のボート1台分しか入れない隙間を通ったり、流れが
速く、岩にぶつかりボートが回転したり、急な場所では、
絶叫し、まさに自然のアトラクションを楽しむことができます。

約45分のアトラクションタイムとなります。


【エレファントトレッキング】

ラフティング終了後は象乗りへ向かいます。
象乗り場は、車で5分程の場所となります。象乗りへ参加す
る場合は、ツアーガイドがサンダルを預かってくれ現地まで持ってきてくれます。


 

象に乗り、森林の中へと行きます。
緑が生い茂る中を、象が進んでいきます。自然の中は、とても気持ちのいいです。
少し下ったところには、川が流れています。象がゆっくり
ゆっくりと斜面を下っていき、川の中へと入っていきます。
川は浅く、バシャバシャと象が歩くわけではありませんが
とても、いいロケーションとなります。
川を歩く時間は、そんなに長くはなく、今度は斜面をあがり、森林の中へと。



約40分の象乗りが終了し、乗り場にはバナナが売っていますので
これを象に食べさせてあげることもできます。
ラフティングの後となりますので、お金を持ち合わせていません。
食べさせてあげたい場合には、ガイドが立て替えてくれます。

パンガーの自然の中での象乗りは、プーケットの象乗りに比べ、
よりナチュラルを感じさせます。

【ランチ】
象乗りが終了し、キャンプへと戻るとお待ちかねの
ランチタイムとなります。


  

トムヤンクン、ケーン・チュー(あっさりスープ)、卵焼き天ぷら、フライドチキン、野菜炒め、フルーツ
こちらのメニューとなります。ご飯はスタッフが持ってくれます。
おかわり自由です。(メニューは変更になる場合あり)

食事を食べ終えた後は、しばしの休憩となります。


【ATVバギー】
食事を終えた後に、ATVバギーとなります。ATVに行かない場合は、滝に遊びに行きます。
ATV会場は、車で5分程の場所となります。到着後にヘルメット、足にサポーターを装着し、
スタッフより乗り方の説明があります。

早速、ATVがスタートとなります。ATVのコースには
水溜りがあり、泥水がはねますので、汚れてもいい格好で参加することをお勧めいたします。




コースはまさに、大自然の中となります。
会場の周りのコースを、練習するように少し走り、森の中へと入っていきます。
森の中のコースは、木々に挟まれた凸凹道を行きます。

 

途中には、バギー1台しか通れない、急な岩場の坂を登ります。
登ったと思ったら、下り坂となっており
登りは平気ですが、下りはなかなかスリリングです。
こんな場所が何箇所かあります。
また、横目には小川が流れたコースやでっかい川の中も走ります。
とても気持ちがいいのですが、オイルは垂れ流しとなっていました(泣)

1時間程のATVは、本当に楽しかったです。
途中から、運転にも慣れてきてどんどん面白さが増してきます。
これは、プーケットでは味わうことのできない大自然でのATVとなります。

【プーケットへ】
ATV終了に合わせて、滝に遊びに行っていたお客さんもATV会場に来て、合流します。
一息つき、ここからプーケットに向けて出発します。ホテルまでは、ノンストップで向かいます。

パンガーの大自然でのアクティビティを、存分に楽しめる
ツアーです。是非1度、プーケットとは違う、パンガーの自然を体感してみて下さい!





ラフティングツアーに含まれるもの、持参したほうが良いものは以下になります。

ツアーに含まれるもの
ラフティング道具(ヘルメット、ジャケット、パドル)ホテル
からの往復送迎、タイ料理ランチ、英語ガイド、保険、ロッカー

持っていく物
水着、カメラ(ケースがあればよい)、タオル、日焼け
止め、サングラス、軽装で、など必要に応じて。



     =  プログラム  =


【ツアースケジュール】

7:30−8:30 ホテルへお迎え パンガー県へ
9:30      モンキーケイブ見学
10:30     キャンプ到着
         (ラフティングの準備、説明)
11:00     ラフティング
12:00     象乗り 
(象乗りをしない人は昼食)
13:00     ランチタイム
13:30     ATVまたは滝へ移動
15:30     プーケットへ
17:30     プーケット到着、各ホテルへ

*スケジュールは当日によって時間や順が変わる可能性も
ございます。

  
 料金: 

・ラフティング5km
大人1400バーツ 
子供1000バーツ

・ラフティング5km+象乗り付き
大人1800バーツ
子供1300バーツ

・ラフティング5km+象乗り+ATVバギー1時間付き
大人2800バーツ
子供2200バーツ

・ラフティング7km
料金 大人2200バーツ
子供1600バーツ



◎上記料金に含まれるもの:

カタ、カロン、パトン、タウン内の送迎、
*料金に含まれるもの:送迎・飲料水・昼食・保険

★ご注意★
*5キロのラフティングは、7歳以上のお子様より参加可。
*ラフティングなどのアドベンチャー系のツアーは、危険を
伴うため、安全が保証されているものではありません。もち
ろん、ツアースタッフは、事故がないよう、細心の注意を
はらって臨みますが、万が一の事故の場合、現地での病院代
などは、催行会社の保険に含まれますが最終的な責任は、
参加者ご自身に帰属いたしますので、ご了承ください。

●ラフティングツアー 参加の際のご注意(必ずご一読ください)

=ラフティング前の準備=
ライフジャケット、ヘルメットの着用はきちんとベルトや留め金を
全て留めてあることを確認してください。ボートから落ちた際の衝撃や、
水の抵抗で、きちんと着用していない場合は、脱落し、大事故に繋がる
可能性があります。

・ロッカーにカメラなどの持ち物は、全て預けてください。また体には
アクセサリー、メガネ等の装飾品はつけないことをお勧めします。
ボートは素足で乗りますので、サンダルも預けてください。


=ラフティング中=
・ボートに乗っている間は、足元の紐で、足を固定して、
中央にあるロープをしっかり握ってください。

・急流に入ったときは、パドリングをせず、ロープをしっかり
握ってください。

・バランスを取るときは、体を後ろに倒してください。

・急流に入ったときは、自分勝手な行動はせず、必ずインストラクターの
指示に従ってください。わざと落ちたり、はしゃいで、手を離したり
することは、謹んでください。


=ラフティングの参加を控えてほしい方=
・ラフティング直前に飲酒をしている方
・腕、足、首、膝等を怪我していて、しっかりロープを握れない方
・腰痛や疾患等で、体全体を支えることができない方
・間接、骨などが弱い方
・ご高齢の方、7歳未満のお子様(9キロは12歳以下)
・水泳が得意でない方、不安のある方


お問い合わせ、ご予約は


お申し込みフォーム 
http://www.blueisland-phuket.com/frm_mail.php


メールでのお問い合わせ hkt@thailand-travelgateway.com

お電話、店頭でのお申し込みは下記営業時間内にお願いいたします。

=プーケットタウンオフィス=
営業時間:月ー金 09:00−18:00
土曜 09:00−15:00
電話 076−254687、076−255056 




トップページにもどる  

基本情報 プーケット語 歳時記 観光名所
島内交通 オプショナルツアー レジャー お勧めホテル
レストラン ショッピング 長期滞在 ゴルフ
ダイビング ナイトライフ クーポン券 習い事
リンク集 BBS 地図 グルメの細道
ピピ島情報 スケジュール提案

2001ー Phuket Web Magazine All Right Reserved 無断転載禁止