スピードボートで行く ピピ島&カイ島

 


シュノーケリングとピピ島の魅力が存分に体感できる、
スピードボートで行く ピピ島&カイ島ツアー。
ピピ島の観光名所を、小回りのきくスピードボートで回ります。
カイ島では、トロピカルフィッシュを目の前で見ることができます。


 
昔、海賊が嵐を避けるために立ち寄った、バイキングケイブ。
ツバメの巣や、壁画などもあります。


==============
 

朝8時にツアースタッフの方にお迎えに来てもらい船乗場を目指しました。
船乗場に着くとここで同行する参加者の方やガイドさんと会います。
ガイドさんについてスピードボートに乗るんですね。

ボートは出発するとすぐにアンダマン湾に抜けます。
いきなり広がる大きな海で太陽と風を浴びて下さい。
というのも、スピードボートってやっぱり早いんですよね。すごく早いです。
ボートの運転席の前、ボートの先端部も座席シートがあるんです
けどここに来ると海と太陽と風を一気に感じることが出来ます。
ただし先端部は波のバウンドを凄く受けますので要注意。
僕は楽しかったのですが、ちょっと激しい場合は後部に座りましょう。

約45分の最初の航海はピピ・レ島を目指します。
午前中のアクティビティはこの島で体験することになります。
まず最初に、いきなりマヤ「ビーチ」です。
今や有名な映画の撮影スポットですね。なんて言って実は僕映画
「ザ ビーチ」見てないんです。でも他の旅行者の方が言ってました、「映画と一緒だぁ」て。
その海、覗く景色、綺麗なビーチには圧巻ですよ。
スイミングプールみたいに綺麗な海、小さな魚も沢山います。
変な言い方ですが小麦粉の様に白くきめ細やかな砂、歩いても手にとってもジッと見つめてしまいます。
こんな自然があるんですね、無人島って。
このツアー最初に訪れるビーチがここなのでみんな興奮するはずです。

そして次に来るのがマヤから約5分かけて着くシュノーケリングポイントLoh Samah Bay(ロサマベイ)。
わくわくしますよね。ゴーグルとライフジャケットを装着して海に入るんですけど、
足に着けるフィン、これは100バーツで一日借りれるんですけど、このツアーでは三回のシュノーケリング
ポイントがあります。僕は借りることをお勧めします。カイ島でこれがあると凄くトクした気分になれますので。。
最初に見る海の中、ホンとにいるレインボウの魚、感動して声を挙げる参加者、みんなキャーキャー
言ってました。それを見るとガイドさん達も笑っていました。
まだまだ驚くのは早いと言わんばかりに、ツアースタッフさんに従い次のスポットへ。。

Pi Leh Lagoon(ピレラグーン)とViking Cave(バイキングケイブ)をボートから遊覧、
スピードボートの速度が落ちたらカメラを用意しましょう。ピレラグーンではゆっくりと進むボートに迫って
くる山の岩肌に感動しますよ。岩山の間から覗ける空と神秘的な
光景にとりあえず写真をパチパチ撮りました。

そこからすぐ近く移動した所にあるバイキングケイブ。
ここでガイドさんが何やら説明をしますので聞き逃したらもう一度聞きましょう。
名前の通り洞窟なんですがその風化の仕方も不思議で興味深いです。
ここには昔海賊がいて彼らが残した画が今も残っている。今はツバメが住みつき、
そのツバメの巣は中華料理でスープに使われるそうな。とっても貴重で高価なものです、
とガイドさんは話してくれました。充分に見学して次に移動します。


モンキービーチです。ここには上陸せずにビーチの浅瀬でサルを見る?
お猿さんは本当にいるのでしょうか。ガイドさんに聞くと「確かではないけどいるよ」と
言われたので不安でしたが、ビーチに着くと聞こえてくる「キー!キー!」。いました。サル。
ここで本当は参加者が食べる為に用意されたフルーツを投げます。
もちろん投げなくてもいいですけど、、、バナナ、スイカ、パイナップルをホイっと投げると
上手にキャッチしたりしなかったり。。
同じサルにばかりフルーツをあげてると喧嘩になるのでみんなにあげましょう。
 

モンキーからちょっと離れた場所で二度目のシュノーケル。
みんな二度目ということで少し慣れた手つきでゴーグルを装着してダイブ!、、は禁止です。
ここのポイント、綺麗な魚は沢山いるんですが凄く浅いのです。だからゆっくり潜りましょう。
浅いだけあって珊瑚が目の前。珊瑚の間からは小さな魚の群れが飛び出してきます。
珊瑚の上を歩くのも良いですが形が鋭い珊瑚は危ないから要注意です。そろそろお腹が空いてきました。
ここからはピピドン島が見えます。もう少しで、ご飯です。

モンキーからはボートで約10分くらいですぐピピドン島に着きます。海が見えるレストランでみんなとお食事、
ボートのメンバーとは同じテーブルを囲みます。用意されたメニューは肉料理、魚料理、
炒め物揚げ物から野菜だけの炒め物、白ご飯、麺はスパゲティとミートソース。
スープは辛味と酸味の利いたシーフード。
コテコテのタイ料理というよりはみんなに合いそうなモノが揃ってるはずです。
プリックナンプラー(唐辛子を刻んだやつを魚醤に入れたもの)をお好みで使えば
よりタイ料理に味が近づきますよ。
コーヒー、お茶も頼めます。同じボートの参加者と話したりして楽しい時間を過ごします。
ここでは約一時間、すぐ裏にはトンサイ市場。旅行者向けのお店、
お土産やさんが並んでます。買い物をするならここしかないのでグルっと見てみましょう。



食事が終わると目指すは最後の目的地、カイ島。ここがこのツアーで一番ゆっくり出来る場所ですね。
思い思い遊泳、シュノーケル、ビーチでのんびり、ビーチチェアの後ろには沢山のバーなんかもあります。
ツアースタッフさんもここでビーチにおりてフルーツ食べたりジュース飲んでたりしてるので自分たちのスタッフ
さんから貰いましょう。

それでなんといってもここで僕が言いたいのはシュノーケリングをして欲しいという事です。
とにかく凄いモノが見れますよ。珊瑚も魚もいろんな色や形をしたものがいっぱい。
開いた口が塞がらないなんて言ってたら溺れてしまいますが。。。驚きました。
海の中で叫びました「テレビで見たことあるぞー!」て、、。だからここでフィンがあるといいんですよ。
スイスイーって珊瑚を抜けれるので。フルーツ食べてゆっくりもして今日一日
を振り返ってみました。凄い島があるもんだなぁって。
ゆっくり過ごしてみんなボートに集まり、「それではプーケットに帰りましょう」
とカイ島を後に約30分かけて船着場まで戻ってきました。
船着場からまたスタッフの車で各各のホテルまで送ってもらうのですがちゃんと「ありがとう」又は「サンキュー」は忘れずに。。
そうしてハッピーな僕のツアーは終わってしまいました。



ツアーに持っていくものとして必要なもの
カメラ(絶対)、タオル(女性の方は大きめサイズが一枚あると便利)、水着(もちろん)、
日焼け止めローション(必要な方は)。

飽くまでも上記は最低条件です。お着替えする場所は基本的にはないので最初から着ていた方が良いです。
ボートの中にトイレはあります。キレイですけど狭いです。トイレに関しては基本的に
はどこのスポットにもありますが各ビーチ有料です。(20バーツ)
シャワーも最後のカイ島にありました。これも20バーツ。






〜 スピードボートで行く ピピ島&カイ島 プログラム〜


スケジュール

 8:00 ホテルへのお迎え、船乗場へ
 9:00 スピードボートでピピ島へ
      マヤビーチでの遊泳、リラックス
      ロサマベイでシュノーケリング
      ピレラグーン、バイキングケイブを観光
12:00 ランチタイム
13:30 モンキービーチの後、カイ島へ
14:30 カイ島で遊泳、シュノーケリング、リラックス
16:30 カイ島を出発してプーケットへ
17:20 船着場から各ホテルへの送迎

*スケジュールは天候や波の状態により、順番が変更したり
上陸できない場所がある場合もございます。また発着時間が
変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

料金 英語ガイド  大人1300バーツ 子供1100バーツ

・マヤベイ上陸料金が別途当日かかります。
大人400バーツ 子供200バーツ ガイドが集金します。
★日本語を話せるガイドが乗船しているツアーもございます。
大人 2000バーツ 子供1500バーツ 詳細 
料金に含まれるもの: 送迎・飲料水・昼食・船の保険・ライフジャケット
シュノーケリングマスク(フィンは有料)・ソフトドリンク

★ご注意★
スピードボート利用のツアーは、必ず後部座席にお座りください。
脊椎や腰等に疾患がある方、妊娠中の方、
高齢の方には、お勧めいたしません。

・シュノーケリングマスクは、度付きのものはありません。またお子様用も
数に限りがありますため、お子様用はご持参されることをお勧めいたします。


お問い合わせ、ご予約は

お申し込みフォーム 
http://www.thailand-travelgateway.com/frm_mail.php

メールでのお問い合わせ hkt@thailand-travelgateway.com
現地からお電話は 076−254687、081−7877418
(営業時間月ー金 09:00−18:00 土 09:00−12:00)





トップページにもどる  

基本情報 プーケット語 歳時記 観光名所
島内交通 オプショナルツアー レジャー お勧めホテル
レストラン ショッピング 長期滞在 ゴルフ
ダイビング ナイトライフ クーポン券 習い事
リンク集 BBS 地図 グルメの細道
ピピ島情報 スケジュール提案

2001ー Phuket Web Magazine All Right Reserved 無断転載禁止